私の脱毛感

私の脱毛感

私は男性ですが、元々体毛が薄いためか、あまり脱毛を意識したことがありません。
わき毛などは2、3回むしれば毛が無くなってしまうほどです。
見た目に気を使う友人などは、ムダ毛(特にすね毛が気になっているようです)の永久脱毛を考えているようで、やはり人によってはかなり気になるようです。
そんな脱毛をあまり意識したことのない私ですが、唯一気になっている箇所、それがヒゲです。あごヒゲはまだ青くなっても気にならないのですが、鼻下の青さがどうしても気になっています。

 

シェーバーで剃った直後でも青いので、夕方になるとかなり目立ちます。
女性と対面するときはどうしても意識してしまって、無意識のうちに手を口元にもっていく癖ができてしまいました。
かつて、男性の脱毛などエステに通うのは男らしくないと思い込んでいましたが、コンプレックスを抱えて積極性を欠いてしまうようであるなら、やはり男性も積極的に美容を意識するべきだと、考えをあらためています。

 

以前に比べたら男性用エステも増え、CMや雑誌の広告、インターネットでも男性用エステの情報を目にすることが多くなり、通いやすい状況になっているかと思います。
今はまだ決心はついておりませんが、私も良い機会があったら気になる箇所の脱毛をして、もう少し女性に積極的になれたら良いと考えています。

ガッカリ。

冬の間忘れているけれど、夏になるとにわかに邪魔になるのがムダ毛。

 

処理するものすっかり忘れていて、

春先にミニスカートにストッキングを合わせようと思うと逞しいすね毛に出会う羽目になります。

 

もうホントガッカリ。今日着る洋服は決めてあったのに、
出がけになってムダ毛処理か洋服の変更を余儀なくされてしまいます。あぁあ。めんどくさい。

 

すね毛よりも重大な問題がわき毛。

ビックリするほど伸びるのが早いうえに立派な太さをしているので、夏はどうにかしなければなりません。

 

処理が甘い日にうっかりノースリーブなんて着てしまったらもう致命傷。
一日中、何があっても腕をあげることはできなくなってしまいます。

 

憧れは、ノースリーブで電車のつり革につかまること。

青々したワキの下なんてもってのほかなのです。

 

そう、ムダ毛の煩わしさや憧れを実現するのは、サロンの永久脱毛しかありません。
ワキはいろいろなキャンペーンがあったり、格安サロンが目玉で打ち出していたりと挑戦しやすい環境が揃っています。

 

範囲も狭いので、時間も短くて済みますので空いた時間にちょっとサロンで脱毛も可能です。
私もワキだけは永久脱毛していますが、ワキを気にしないというのは本当に楽ちん。洋服選びもスイスイです。

 

でもひざ下の永久脱毛はまだまだ手が出ないお値段。
思い切ってやってしまえば、剃刀でうっかり脚から流血なんて失態もなくなるのに。

 

もうちょっと様子を見て、キャンペーンをしていたら挑戦してみるつもりです。

 

ちなみに、3回やればかなりムダ毛は軽減。
永久とは言いませんが、多少の処理で間に合うようになるのでお勧めです。